●2010年度

・科学分析データによる料紙の比較分類
 坂本昭二,倉石沙織(龍谷大),小田寛貴(名大),江南和幸,岡田至弘(龍谷大), 安 裕明(茨城県立多賀高),池田和臣(中央大),河野益近(京大)
 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2010」論文集, vol.2010, no.15, pp.19-26, Dec. 2010

・Origin of the difference in papermaking technologies between those transferred to the East and the West from the motherland China
 ENAMI Kazuyuki, SAKAMOTO Shoji, OKADA Yoshihiro, MASUDA Katsuhiko, KHONO Masuchika
 Journal of the International Association of Paper Historians, 14/2, 12-22 2010

・超高精細画像処理による混一疆理歴代国都之図の科学分析
 坂本昭二、芝 公仁、若間俊旭、岡田至弘(龍谷大学 古典籍デジタルアーカイブ研究センター)
 日本文化財科学会第 27 回大会 P-003 2010 ポスター

・古文書分類への情報学的アプローチ―大谷コレクション「李柏文書」を例として―
 坂本昭二、倉石沙織、江南和幸、岡田至弘(龍谷大学 古典籍デジタルアーカイブ研究センター)、河野益近(京都大学大学院工学研究科)
 日本文化財科学会第 27 回大会 P-020 2010 ポスター

・大谷コレクション「李柏文書」の科学分析
 坂本昭二、倉石沙織、江南和幸、岡田至弘(龍谷大学 古典籍デジタルアーカイブ研究センター)、池田和彦、 坂田雅之((株)坂田墨珠堂)、河野益近(京都大学大学院工学研究科)
 日本文化財科学会第 27 回大会 A-03 2010 口頭発表

・唐代兵役文書紙質分析が明かす東伝製紙術と西伝製紙術の違いの起源
 江南和幸、坂本昭二、岡田至弘(龍谷大学 古典籍デジタルアーカイブ研究センター)、大木 彰(龍谷大学図書館)、増田勝彦(昭和女子大学)
 日本文化財科学会第 27 回大会 A-21 2010 口頭発表

・キハダ染め料紙の強制退変色に関する考察 -打紙加工のキハダ染め古写経料紙に対する補修紙作成を目的とした試み-
 松枝礼子、森川洋子((株)松鶴堂)、加藤雅人(東京文化財研究所)、坂本昭二、江南和幸(龍谷大学 古典籍デジタルアーカイブ研究センター)
 文化財保存修復学会第32回大会 P045 2010 ポスター


 ●2009年度

・新しい「紙組織学」の提案 −古文書・文化財料紙の科学分析に向けて−
 江南和幸, 坂本昭二, 河野益近, 岡田至弘
 日本文化財科学会第26回大会研究発表要旨集, pp.116-117, 2009-7 2009 口頭発表

・天野山金剛寺所蔵古写本料紙の科学分析
 坂本昭二, 江南和幸, 岡田至弘, 箕浦尚美, 落合俊典, 赤尾栄慶
 日本文化財科学会第26回大会研究発表要旨集, pp.360-361, 2009-7 2009 ポスター

・可搬式蛍光X線分析装置を用いた西本願寺書院鴻の間の障壁画における顔料分析に関する研究
 森正和,湯浅昌典,和田秀寿,河野益近,江南和幸,岡田至弘
 日本文化財科学会第26回大会研究発表要旨集, pp.358-359, 2009-7 2009 ポスター


 ●2008年度

・デジタルアーカイブデータおよび分析データを用いた古文書料紙の分類 - 天野山金剛寺所蔵の古写経を例として−
 坂本昭二
 情報処理学会研究報告, 2009-CH-81(2), pp.9-15 2009 口頭発表

・大谷コレクション五代時代経典「維摩詰所説経」,「妙法蓮華経」の用紙の科学分析
 江南和幸, 坂本昭二, 岡田至弘, 土屋和三, 河野益近, 増田勝彦
 日本文化財科学会第25回大会研究発表要旨集, pp.384-385, 2008-6

・大谷コレクション「本草集注序録」・「比丘含注戒本」用紙の科学分析
 坂本昭二, 江南和幸, 岡田至弘, 森正和, 滝澤昌子, 河野益近
 日本文化財科学会第25回大会研究発表要旨集, pp.382-383, 2008-6

・蛍光X線による西本願寺虎の間の障壁画の顔料分析に関する研究
 清水俊貴,森正和,河野益近,廣瀬翼,江南和幸,岡田至弘
 日本文化財科学会第25回大会研究発表要旨集, pp.378-379, 2008-6


 ●2007年度

・A new method for the analysis of Central Asian manuscripts: Classification by measuring paper laid-lines
 Shouji SAKAMOTO, Masako TAKIZAWA, Jyunya TERADA, Kazuyuki ENAMI, Yoshihiro OKADA  March. 2008

・How had Asian people developed papermaking technique? -Scientific study of the origin of Asian paper in the Otani collection-
 ENAMI Kazuyuki, SAKAMOTO Shouji, OKADA Yoshihiro, KOHNO Masuchika March. 2008

・国際敦煌プロジェクトデータベースの展開 —巻子本のアーカイブに関する検討—
 坂本昭二, Imre Galambos,岡田至弘,江南和幸
 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2007」論文集, vol.2007, no.15, pp.271-276, Dec. 2007

・西本願寺デジタルアーカイブの構築
 廣瀬翼,相井考仁,森正和,岡田至弘
 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2007」論文集, vol.2007, no.15, pp.327-332, Dec. 2007

・大谷コレクションウィグル語文書用紙材質の研究
 藤本慎一郎、坂本昭二、岡田至弘、藤原学、河野益近、増田勝彦、江南和幸
 日本文化財科学会第24回大会研究発表要旨集, pp.200-201, 2007-6

・奈良絵本「ふしのひとあな」および「長恨歌」挿絵の彩色材料の分析
 野口高史,森正和,河野益近,江南和幸
 日本文化財科学会第24回大会研究発表要旨集, pp.188-189, 2007-6

・Colour Classification of Ancient Documents by Self-Organising Maps
 S. Sakamoto, K. Murayama, Y. Okada, K. Enami, M. Mitani
 THE CONSERVATION OF DUNHUANG AND CENTRAL ASIAN COLLECTIONS 7TH IDP CONSERVATION CONFERENCE, THE BRITISH LIBRARY LONDON, 21-23 MAY 2007


 ●ベゼクリク壁画誓願図

ベゼクリク壁画誓願図の復元について閲覧できます。

http://www.afc.ryukoku.ac.jp/Komon/bezeklik_HP/index.html


<研究成果報告書>


Copyright © 2001-2010 Ryukoku University Digital Archives Research Center

戻る